WindowsXPが起動はするけどもシステムが不安定になってしまった場合、症状の出る前に行った作業を元に戻すのが基本です。

しかし、それすらままならないこともあります。

例えば、アプリケーションやドライバソフトのアンインストールです。

この場合は、いったん「セーフモード」で起動して実行してみます。

「セーフモード」は最小のシステム構成で起動するため、通常起動時に行えなかった操作を行えるケースがあります。

また、一度「セーフモード」で起動したあとに、再起動するだけで問題が解決することもあります。

〇WindowsXPを起動するときに、「F8」キーを連打していると(パソコンメーカーによっては異なるキーを利用する場合もあるので、表示できないときはマニュアルを読みます。)、「Windows 拡張オプションメニュー」画面が表示されます。

〇カーソルキーで「セーフモード」を選択して、キーボードの「Enter」キーを押します。

〇「セーフモード」ではインターネットに接続できないので、LANやインターネットに接続する必要がある場合は、「セーフモードとネットワーク」を選択します。

〇「オペレーティング システムの選択」画面が表示されるので、ログオンしたいOSを選択して「Enter」キーを押します。

〇ログオン画面が表示されますので、「Administrator」としてログオンします。パスワードを設定している場合は、パスワードを入力してからログオンします。

〇黒い画面の四隅に「セーフモード」と表示され、「セーフモード」としての起動が完了します。さらに、「Windowsはセーフモードで実行されています。」というダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。