Windows XPは、OSの核であり基本的な機能を実行する「カーネル」と呼ばれるソフトウェアを「カーネルメモリ」と呼ばれる特殊なメモリ領域に常駐させています。

この「カーネルメモリ」は、物理メモリ上に構成される「非ページプール」のほかに、ハードディスクの仮想メモリに構成される「ページプール」にも保存されます。

しかし、速度が遅いページプールを使って保存されると、パソコンの動作速度が大幅に遅いと感じるようになります。

パソコンに、大容量のメモリを搭載していて、いつも使うアプリケーションを起動してもメモリの空き領域が十分にある場合は、すべてのカーネルを「非ページプール」に常駐させれば、パソコンの動作もより快適になります。

パソコンのレジストリエディターを起動します。
「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ウインドウが表示されますので、「regedit」と入力して、「OK」をクリックします。
設定を行う「キー」を開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management を開きます。

「DisablePagingExecutive」をブルクリックして、編集画面を表示します。
「DisablePagingExecutive」の値が見つからない時は、右クリックメニューの「新規」→「DWORD値」を選択して、値を作成します。

「値のデータ」を「1」にして、「表記」を「16進」にして「OK」をクリックして、レジストリエディタを終了します。
パソコンを再起動すると、設定変更が反映します。