WindowsXPでは、ハードディスクのファイルシステムとして「NTFS」方式が使えます。
この「NTFS」方式は、以前使用されていた「FAT32」と比べると、扱えるファイル容量が大きく、ディスクアクセスも高速です。

また、高度なセキュリティ機能などメリットも多いです。
ところが、WindowsXPがプリインストールされた市販のパソコンでは、ハードディスクのファイルシステムが「FAT32」になっているものがあります。

このままでも問題なく使えますが、パソコンのハードディスクを手軽に高速・効率化したいならば、「NTFS」ファイルシステムに変換しましょう。
変換作業では、コマンドプロンプトを起動しておこなうので、入力ミスに気を付けましょう。

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動し、次のコマンドを入力して「Enter」キーを押します。
convert c: /fs:ntfs (Cドライブの場合。その他のドライブは「C」の部分を適宜書き換えます)

NTFSファイルシステムのメリット
○FAT32では扱える1ファイルの最大容量は4GBだが、NTFSでは2TB(約2000GB)のファイルを読み書きできます。

○MS-DOSとの互換性を断ち切ることによって、FAT32よりもディスクアクセス速度が向上します。

○ユーザーごとにファイルへのアクセス権を設定できたり、使用できるディスク容量を制限できます。