ノートパソコンの仕様を中断する時、何気なく液晶画面(カバー)を閉じる事が多いと思います。

しかし、気がつくとパソコンの電源が入ったままになっていることがあります。

すると、バッテリーが早く切れてしまうだけでなく、鞄の中で異常に発熱したり、移動時にハードディスクが破損したりして危険です。

液晶画面を閉じた時の動作は、「電源オプション」で設定することが出来ます。

ここで、パソコンの設定を確認します。

なお、負荷の高い作業の実行中に液晶画面を閉じると、そのまま「スリープ」や「休止状態」にならないことがあります。

負荷のかかる作業はいったん中断してから液晶画面をとじるようにします。

○「スタート」→「コントロールパネル」→「電源オプション」をクリック。

○左側のメニューから「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリック。

○「カバーを閉じたときの動作」を「バッテリ駆動」と「電源に接続」それぞれについて選択し、下部の「変更の保存」ボタンをクリックします(表示されていない場合は、下方にスクロールさせる)。スリープボタンを持つ機種では、「スリープボタンを押したときの動作」が表示されていることもあります。