パソコンを起動した後に他のプログラムにサポート機能を提供するために、バックグランドで動作するのが「サービス」です。

WindowsVista の起動時、自動的に起動するものや、特定のイベントが発生した時に起動するものなど、パソコン内では膨大なサービスが稼働している。

基本的には、WindowsVista が「サービス」をコントロールしているが、ユーザーが手動で開始や停止を行うこともできる。

不要な「サービス」があれば、自動で起動しないようにすることで起動時間を短縮できて、動作も快適になります。

ただし、システムにとって重要な機能を提供するものもたくさんあるので、不用意に停止しないようにします。
確実に不要と判断できるものだけを停止します。

○「サービス」を起動するには、「コントロールパネル」から「管理ツール」を開き、「サービス」をダブルクリックします。

○サービスが一覧表示され、選択すると「説明」欄にそのサービスの機能の説明が表示されるので、これを参考に不要なサービスを探します。

○不要なサービスが見つかったらダブルクリックします。「スタートアップの種類」から「無効」を選択して「OK」をクリックします。