WindowsVista の起動に時間がかかる場合、Vistaの起動と同時に動作を始めるアプリケーションソフトや、バックグランドで動作するプログラムが増えたことが原因になっている可能性が高いです。

まずは、こうしたアプリケーションソフトやプログラムの中から不要なものを起動しない設定にしてみます。
アプリケーションソフトの場合、オプション画面で設定できるものがあるので起動しないように設定します。

また、「スタートアップ」フォルダにショートカットを登録するソフトもあります。
その場合は、ショートカットを削除します。

それだけでは停止できないプログラムもあり、それは「システム構成」でコントロールします。
「スタート」メニューの「検索ボックス」に「msconfig」と入力して検索します。

検索結果に表示される「msconfig.exe」をクリックします。
「システム構成」がきどうしたら「スタートアップ」タブを開きます。

「スタートアップ項目」に一覧表示されるのが常駐プログラムです。
確実に不要だと自分で判断できるプログラムがあればチェックをはずして「OK」をクリックします。

よくわからないものは、そのままにしておいたほうがいいでしょう。
「製造元」に「Microsoft Corporation」とあるものは、基本的に残しておきます。