パソコンの電源を入れたら「ようこそ」画面までは表示されるが、そこで起動が止まってしまい再起動するしかない、あるいは、ログオンしたあとに止まってしまうといった場合、直前にインストールしたドライバソフトやアプリケーションソフトが影響している可能性が高いです。

この場合は、「システムの復元」を使い、正常に動作していた頃のシステムに戻すことで解決できます。

ただし、正常に起動できないため、システムの最小構成で起動する「セーフモード」を使って作業を行います。

「セーフモード」で起動できたら、普通に起動したときと同じように「システムの復元」を起動して実行できます。

原因があると思われるソフトなどは、最新版を探します。

〇パソコンの電源ボタンを押したら、すぐに「F8」キーを連打します。

〇画面が変わったら、「セーフモード」を選択して、「Enter」キーを押します。

〇オペーレーティングシステムを選択します。

〇ユーザー名をクリックしてログオンします

〇「セーフモード」で起動が完了したら、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」を選択します。

〇「コンピューターを以前の状態に復元する」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。

〇カレンダーの日付の太字になっているところに「復元ポイント」があります。この中から正常に動作していた頃の日付をクリックします。

〇右側に「復元ポイント」が表示されるので、選択して「次へ」ボタンをクリックします。

〇「復元ポイントの選択の確認」ウインドウが開きますので、間違いないかを確認して「次へ」をクリックすると、システムの復元が始まり、しばらくすると自動で再起動します。

〇正常に起動できると、「復元は完了しました」ウインドウが表示されます。作業完了です。