「Windows バックアップ」の代わりにWindows8から搭載されたのが、より操作性を向上させた「ファイル履歴」という新しいバックアップ機能です。

システムイメージがパソコンを丸ごとバックアップするのに対して、「ファイル履歴」は、特定の場所にあるファイルのみを自動でバックアップします。

バックアップ対象は、ライブラリ、デスクトップ、連絡先、お気に入り、OneDriveのみになります。

しかし、機能を有効にしておくと、万一ファイルを上書き保存したような場合でも、過去のバックアップからファイル単位で復元できるので便利です。

ぜひ、機能を有効にして、バクアップのタイミングの変更など、設定の見直しもお勧めします。

  1. バックアップするには外付けハードディスクがお勧めです。外付けハードディスクをパソコンにつないだら、「コントロールパネル」の「ファイル履歴」をクリックします。
  2. 「コピー先」に外付けハードディスクが選ばれていることを確認し、「オンにする」をクリックします。すぐに、バックアップが始まります。バックアップ中は他の作業をしても問題ありません。
  3. バックアップが完了すると、「今すぐ実行」の文字が表示されます。以降は、標準の設定では1時間ごとに自動バックアップが実行されます。「今すぐ実行」をクリックすると、手動でのバックアップも可能です。
  4. バックアップ先の外付けハードディスクを開くと、「FileHistory」フォルダーが作成されています。これが、「ファイル履歴」のバックアップファイルです。間違えて削除しないように注意してください。