Windows 7には「32bit版」と「64bit版」の2種類があります。

両者の違いはメモリーの管理方法で、32bit版は従来のWindows と同様のメモリー管理方法で、64bit版は拡張された高速なメモリー管理方法となっています。

32bit版Windows では64bit用のソフトは使えないため、使いたいソフトに「32bit用」「64bit用」の2種類がある場合は、32bitを使います。

一方64bit版Windowsは「32bit用」「64bit用」の両方が使えますが、64bitのほうが高速に動作します。

そのため、使いたいソフトが「32bit用」「64bit用」の2種類ある場合は、64bit用を使うようにします。

いずれにしても、自分の使っているのがどちらなのかをあらかじめ調べておくといいでしょう。

  • 自分のWindows 7が32bitか64bitのどちらかを調べるには、「スタート」メニュー→「コンピューター」を右クリックして「プロパティ」をクリック。開いたウインドウ画面の「システムの種類」で、「32ビット」か「64ビット」がわかります。
  • 使いたいソフトをダウンロードする場合や購入する場合は、「32bit版」と「64bit版」を間違えないように注意しましょう。
  • インストールされたソフトのフォルダーも区別されます。64bit版Windowsの場合、64bit版のソフトは従来通り「Program Files」にありますが、32bit版のソフトは「Program Files(x86)」にあるので、ソフトを探す時には注意します。