Windows7の起動に時間がかかる場合、Windows7の起動と同時に動作を開始するソフトや、バックグラウンドで動作するプログラムが原因であることが多いです。

起動にかかる時間を短縮するには、自動的に起動するソフトやプログラムを起動しないようにするのがいいでしょう。

ソフトの場合は、「スタート」メニューにある「スタートアップ」フォルダーからショートカットアイコンを削除します。

また、レジストリに登録されているソフトやプログラムがあるので、それらはレジストリエディターから削除する必要があります。

レジストリに登録されている名前ではソフト名が判別できない場合は、「Google」などで検索して確認するといいでしょう。

○「スタートアップ」から削除する:「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」フォルダーをクリック。その中に登録されている不要なソフトがあれば右クリックして「削除」を選択します。これでWindows7起動時に動作することはなくなります。ここに登録されているのはショートカットアイコンなので、削除してもソフト本体は削除されません。

○レジストリから不要なスタートアップ項目を削除する:「スタート」メニューの検索ボックスに「regedit」と入力します。表示される「regedit.exe」をクリックして起動します。自動起動するプログラムの一覧は「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run」と「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run」にあります。ここから不要なプログラムのキーを右クリックして「削除」を実行すると削除されます。