復元ポイントとは、現在のWindowsの設定をまとめたデータのことです。

パソコンが起動しないなどのトラブルが発生したときに、正常に動作していたときの復元ポイントを読み込むことで復元できることがあります。

また、間違えて変更してしまったファイルを元に戻すために使用する「シャドウコピー」も復元ポイントに含まれています。

復元ポイントは定期的に自動で作成されますが、大きな設定変更の前には、念のために手動で作成しておくことをお勧めします。

なお、復元ポイントは時系列で複数保存されますが、一定数を超えると古いポイントから削除されていきます。

保存できるポイントの数を増やせば、より古い状態までさかのぼれるようになります。

  • 復元ポイントを手動で作成する:「スタート」メニュー→「コンピューター」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。開いた画面の左側メニューの「システムの保護」をクリックします。
  • 「システムのプロパティ」画面が開きます。この画面の「作成」ボタンをクリックします。後から思い出しやすい名前を入力して、「作成」をクリックすると復元ポイントが作成されます。復元ポイントを変更するには、変更したいドライブをクリックしてから「構成」ボタンをクリックします。
  • 構成の変更:選択したドライブで、「シャドウコピー」だけを有効にするなら「ファイルの以前のバージョンのみを復元する」を選択し、さらに復元ポイントの作成も有効にするなら「システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する」を選択します。「最大使用量」を増やすと、保存される復元ポイントの数が増えます。「OK」をクリックして設定を完了します。