「パソコンが起動しない」など何らかのトラブルが発生して正常な動作が望めないときは、Windows7の再インストールが必要になります。

そんな時、自作パソコンでWindows7のDSP版を使用していれば、Windows7のインストールディスクから起動してセットアップを開始すればOKです。

しかし、WindowsVistaプリインストールのメーカー製パソコンに最初から入っているソフトなどを引き続きWindows7でも使いたい場合は、一度リカバリーディスクでWindowsVistaに戻してからWindows7へアップグレードする必要があるので、ちょっと面倒です。

もちろん、リカバリーを行うとハードディスク内のデータは消去されてしまいますので、リカバリーの前にデータのバックアップを忘れずに。

〇再インストールにあたってリカバリー作業を行う場合には、必ず外付けハードディスクなどにデータをバックアップします。

〇Windows転送ツールを利用してそれぞれのユーザーアカウントのIEのお気に入りやメール関連の設定を保存できます。

〇パソコンメーカー各社(NEC、東芝、富士通、ソニー、パナソニックなど)では、独自のバックアップツールを用意している場合もありますので、マニュアルを確認してみます。

〇また、各社メーカーではWindows7のアップグレード情報を提供しているので、各社のホームページを見て確認しましょう。