Windows7にソフトをインストールした後に、そこに含まれていたファイルが原因でWindows7の動作が不安定になることがあります。

その場合、通常はソフトをアンインストールするのがトラブル解決の基本ですが、システムファイルの更新が行われている場合などは、アンインストールでは完全に元の状態へ戻すのが難しい場合があります。

その場合のために用意されているが、ある時点のパソコンの状態を復元ポイントとして保存し、現在までに加えられたシステムやアプリケーションの改変情報と比較することで復元ポイントの構成を復元する「システムの復元」です。

復元ポイントがあらかじめ用意してあり、不調になった時期がはっきりしている場合は「システムの復元」が役にたちます。

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」を開き、「システムの復元」でパソコンの状態を元に戻せます。

システムの復元は、「システムの保護」タブから「システムの復元」をクリックすれば実行できます。
システムの保護対象のドライブは、「システムの保護」の「構成」で復元項目の選択やディスクの使用量などの設定も行えます。

「システムの復元」は復元ポイントを作成していなければ復元できませんので、パソコンが安定して起動している時に復元ポイントを作成しておきます。