Windows 7には発売後に発見された不具合などを解消する「Windows Update」機能があります。

「Windows Update」は定期的に自動実行され、インターネットから更新ソフトをダウンロード、インストールしてくれる仕組みです。

しかし、Windowsの設定などが原因で、更新が失敗してしまうことがあります。

この更新をしないまま放置していると新しく見つかったセキュリティ上の弱点が解消されないまま使うといった状態に陥ってしまうのでたいへん危険です。

「Windows Update」がうまくいかなかったときは、エラー番号を元に対処方法を調べて実行するか、「Windows Update」を使わずに更新ソフトを手動でダウンロード・インストールします。

  • 「Windows Update」を実行したが、エラーが発生してインストールできなかった場合は、「コード」の部分にある番号をメモします。
  • 検索サイトを使って、エラーのコード番号で検索します。結果が多すぎる場合は「Windows Update (コード番号)」で検索してみるといいでしょう。
  • 発生したエラーへの対処法が見つかったら、指示通り実行してから再び「Windows Update」を実行します。
  • インストールに失敗したアップデートの名前を、「マイクロソフトダウンロードセンター」で検索して、ダウンロード・インストールをすれば、手動で更新できます。