Windows XPの場合、デジカメで撮影した写真などをパソコンに取り込んでも、専用ソフトが付属しないために管理が煩雑になりがちです。

そこで、マイクロソフトが無償で提供する「Windows Live フォトギャラリー」を使ってみてはいかがでしょうか。

ダウンロードして、インストールすると自動的にパソコン内の画像が登録され、撮影日時に分類されます。

ツールバーから画像の修正や印刷、添付メールの送信などが可能で、スライドショーの再生や複数の連続する風景写真などからパノラマ写真を作成する機能も利用できます。

これで、デジカメ写真の管理から修正まで、ストレスなくできるようになります。

Windows Live ID を取得すると、画像を Webに公開できます。

  • サイトにアクセスします。http://windowslive.jp.msn.com/photo.htm 「今すぐダウンロード」をクリックします。
    新しいページで「今すぐダウンロード」をクリックします。
  • ダウンロードしたファイル「wlsetup-web.exe」をダブルクリックします。
    「インストールする製品の選択」をクリックします。フォトギャラリーとムービーメーカーにチェックを入れてインストールをクリックします。
  • 「スタート」→「すべてのプログラム」→「フォトギャラリー」をクリックすると起動します。最初だけ承諾画面がでます。
    パソコン内の画像と動画が読み込まれて、一覧表示されます。
  • 修正したい画像をダブルクリックすると、編集画面になります。いろいろな調整があるので試してみるといいですよ。
    画像には、分類のためのキーワードとなるタグを設定できます。また、人物タグも設定できるので、顔に対してタグを付けておくと、後からその人物の画像だけをまとめて表示できるようになります。