Windows XPには、調子の悪くなったパソコンを正常な状態に戻せる「システムの復元」機能が搭載されています。

これは、レジストリなどのシステムの構成を保存しておき、何かあればその時点のシステム構成と現在の構成を入れ替えるものです。

そして保存されているシステム構成を「復元ポイント」と呼びます。

復元ポイントは、Windows XPが定期的に作成するほか、自分で作成する事も可能です。

レジストリの設定変更やドライバソフトのインストールなど、危険を伴う作業の前には、必ず「復元ポイント」を作成する習慣をつけておきたいです。

  • 「スタート」メニューの「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」を選択します。
  • 「システムの復元」が起動したら、「復元ポイントの作成」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  • 「復元ポイント」に名前を付けます。復元するときにどのような状態なのかが分かるような名前を付けます。名前を入力したら「作成」ボタンをクリックします。
  • しばらくすると、作成した日時と「復元ポイント」の名前が表示されます。これで作成が完了です。「閉じる」ボタンをクリックします。