出来る限りのことをしてもWindows が起動しない場合は、パソコン本体が壊れていなければ、Windows XPを「再インストール」することで復活します。

「再インストール」は、Windows XPとアプリケーションソフトを全て消去して、新しくWindows XPを入れなおす作業なので、完全復活できます。

「再インストール」には、2通りの方法があります。

「リカバリーインストール」と「クリーンインストール」で、「リカバリーインストール」とは、メーカー製パソコンに付属する「リカバリーCD/DVD」(ハードディスクに内蔵のこともあります)で、購入時の状態に戻す方法です。

「クリーンインストール」は、通常の「Windows XPインストールCDからインストールする方法です。

「再インストール」するときの注意点は、ハードディスク内のデータや設定は全て消去されるということです。

そのため、各種データのバックアップが必須となります。

また、データを残したままシステムを修復できる「修復インストール」という方法もあります。

リカバリー・再インストールの手順。

○必要なデータ・設定をバックアップする

○Windows XPをリカバリー・再インストールする

○Windows Updateの更新をする

○周辺機器のドライバーをインストールする

○各種アプリケーションソフトをインストールする。

○バックアップしておいたデータを戻す