パソコンがハードウェアをチェックしたあとに起動が止まってしまう場合は、「回復コンソール」を使用してシステムの再構築を試してみます。

「回復コンソール」はコマンドを使って特定の問題を修復するためのソフトです。

特に起動時に画面がブルースクリーンになってしまい先に進めなくなってしまうようなときは、セーフモードや拡張オプションでの起動もできないので、「回復コンソール」での修復を試して見ます。

まったく起動しなかったパソコンが復旧する可能性があります。

〇パソコンの電源を投入した直後にDVDドライブを開け、WindowsXPのシステムインストールCDをセットする。

〇次に電源ボタンを長押しして電源を切り再度電源を投入する。

〇「Press any key to boot from CD…」のメッセージが表示されたら「Enter」キーなどなんでもいいので、適当にキーを押します。

〇WindowsXPシステムインストールCDからパソコンが起動して「Windows XP セットアップ」の画面が表示されたら、「回復コンソール」を呼び出すために「R」キーを押します。

〇キーボードの種類を選択した後「どのWindowsインストールにログオンしますか?」でCドライブの番号を入力します。

〇Administratorのパスワードを入力して「Enter」キーを押します。

〇回復コンソールが起動したら、ディスクのエラーをチェックします。「chkdsk :c /r」とコマンドを入力して「Enter」キーを押すと、ディスクをチェックして自動的に修復してくれます。