Windows XPやWindows 7の場合は、「システムのプロパティ」で復元ポイントの保存に使用するディスク領域を簡単に変更する事が出来ます。

しかし、Windows Vistaでは、これを行えないように仕様が変更されています。

ただし、「コマンドプロンプト」を利用することで変更が可能になっています。

ポイントは、「コマンドプロンプト」を起動するときに「管理者として実行」することです。

通常の起動では設定変更できないので、注意が必要です。

また、この領域は、「Home Basic」と「Home Premium」は復元ポイントのみですが、それ以外のエディションではシャドウコピーも含まれます。

Cドライブに空き領域を作りたい、といった場合に利用するといいと思います。

  • Windows XP・Windows 7では簡単に変更できた復元ポイントの保存領域が、Windows Vistaでは変更できなくなりました。
  • 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」と開き、「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  • 次のコマンドを入力して「Enter」を押します。
    > Vssadmin List ShadowStrage
  • 各ボリュームに設定されている「使用領域」「割り当て領域」「最大領域」が表示されます。ここでは、「最大領域」を確認し、この値を変更します。
  • 次のコマンドを入力して「Enter」を押します。
    > Vssadmin Resize ShadowStorage /For=C: /On=C: /MaxSize=10GB

これは、Cドライブの領域を変更しています。「C:」の部分は、設定変更する対象のドライブに合わせて書き換えます。

また「10GB」が変更後の最大領域です。単位はMB、GB、TBなどで指定できます。「シャドウコピーの記憶域関連付けのサイズが正しく変更されました」と表示されたら完了です。