Windows Media Player で音楽CDを取り込むと、WMA(Windows Media Audio)というファイル形式でハードディスクに保存されるようになっています。

ところが、このWMA(Windows Media Audio)形式のファイルは、パソコンで再生することはできても、携帯音楽プレーヤーなどの外部周辺機器が対応していない場合があります。

iPodやiPhoneでは、WMA(Windows Media Audio)ファイルを再生することができません。

Windows Media Playerの「音楽の取り込み」画面で選択できる形式には、WMA(Windows Media Audio)以外に、「プロ」「可変ビットレート」「ロスレス」「MP3」「WAV」があります。

その中でおすすめは、「MP3」です。

「MP3」形式のファイルは、ほとんどの携帯音楽プレーヤーや再生ソフトでりようできます。もちろんiPodやiPhoneもOKです。

また、WMA よりも MP3 形式の方が、機器のバッテリーが長持ちするという利点もあります。

一方で、MP3 の短所は、WMAと同じくらい良い音で音楽を取り込むためには、MP3形式のファイルはWMAよりも容量が大きくなってしまう事です。

〇Windows Media Player を起動したら、キーボードのAltキーを押します。画面上部にメニューが表示されるので、「ツール」→「オプション」をクリックします。

〇「オプション」画面が開いたら「音楽の取り込み」をクリックします。

〇「形式」のプルダウンメニューを開いて、ファイル形式を「MP3」にします。