東急東横線の学芸大学で降りてお客さんの家へ向かいました。
碑文谷ですから駅から徒歩5分位でした。

「どんな状況ですか」

「パソコンの立ち上がりが遅くて、やっと立ち上がっても直ぐに固まってしまいます」

「いつ頃からですか。もう3か月位前から遅くなり始めて、2、3日前から固まるようになりました」

「パソコンを購入してどれくらいですか」

「5年位だと思います」

パソコンは、NECのLavie LL750/CS6Wでした。
調べてみると、2010/09/13の発売なので、6年以上経過しています。

Lavie LL750/CS6W

「6年以上ですので、おそらくハードディスクが壊れ始めていると思います」

「そうですか」

「ハードディスクを取り出して、チェックしてみます」

CrystalDiskInfoを使ってチェックしてみると、『注意』と判定されました。
お客さんにも確認してもらい、
「ハードディスクを交換すれば直ると思います。リカバリディスクはありますか」

「いいえ。ありません」

「それでは、持ち帰ってハードディスクをコピーしてみます」

オフィスへパソコンを持ち帰り、ハードディスクを新品のハードディスクにコピーしました。
もし壊れていると失敗しますが、エラーも出ずにコピーが完了しました。
パソコンへ入れて電源を入れると、無事に起動しました。

お客さんも喜んでくれました。
「これで年賀状の準備ができます。ありがとうございました」