Windows Vista を使っていて、ファイルを右クリックして「削除」を選択したり、「ゴミ箱」にドラッグしただけなら削除したファイルは「ゴミ箱」に残っています。

この場合は、「ゴミ箱」を開き、元に戻せばいいです。
また、「ゴミ箱を空にする」を実行して場合はどうでしょうか。

ユーザーには見えなくても、データはハードディスク上に残っている可能性があります。
可能性があるというのは、削除したファイルが他のファイルで上書きされると無くなってしまうからです。

削除したことに気付いたら、すぐに復元ソフトで復元を試してみます。
また、「Ultimate」「Business」「Enterprise」の場合は「以前のバージョンの復元」機能でも元に戻せます。

フリーソフト「DateRecovery」を使用してみます。
ダウンロードして解凍したフォルダ内にある「DateRecovery」をダブルクリックして起動します。

復元したいファイル保存していたドライブを選択して「スキャン」をクリックします。
スキャンが終わると、削除したファイルが一覧表示されます。

項目見出しの「ファイル」(ファイル名)や「種類」、「更新日時」をクリックすると、その条件で並べ替えられるので復元したいファイルを探します。

また、「ファイル名の文字列」から検索することも可能です。
復元したいファイルが見つかったら選択して、「リカバリ」をクリックします。

「フォルダの参照」画面が表示されるので、復元先のフォルダを指定して、「OK」をクリックします。
「リカバリ完了」とメッセージが表示されたら、「OK」をクリック。

復元先のフォルダが開くので、ファイルを開いて中身を確認します。